今月のお手入れ

月毎に「今だからこそ」のお掃除ポイントや手入れ方法を紹介します。

4月のお手入れ

暖かくなった今やるべきお手入れ

温かくて心地よい日が多い季節になりました。
皆さんも季節に合わせて衣替えを準備しているのではないでしょうか。
今回は冬に傷みやすい場所のチェックと風が強い時期に合わせたサッシやシャッターのお手入れを紹介いたします。

冬に傷みやすい場所のチェック

1.外壁のひび割れや破損

0.5mm以上のひび割れは「要注意」です。そのままにしておくと、雨水などが入り込み内部の構造躯体に悪影響を及ぼす可能性があります。

2.屋根や雨樋

強風で剥がれたり、外れていないか確認しましょう。また、枯葉やゴミなどがたまっていないかチェックし、必要によってゴミを取り除くようにしましょう。
ゴミで雨樋が詰まった場合雨水が外壁をつたって流れるため、家の構造躯体の腐食の原因になることもあります。

3.バルコニーやひさし

冬の間はバルコニーへ出ることがあまりなかったと思いますが、これからはバルコニーもフルで活用したいですね。
2~3ヶ月の間にバルコニーの排水口にゴミがいっぱいたまっていないかをチェックしましょう。
バルコニーの床材に隙間がないか、バルコニー下に染みや変色がないかも確認し、必要によって補修工事行いましょう。
床材は防水加工をされている場合が多いですが、隙間がある場合、水がしみ込んで家の構造躯体に悪影響を及ぶ可能性が高いです。

風が強い時期に合わせたサッシやシャッターのお手入れ

温かくて心地よい日が増えてきて、山や海、公園などにお出かけしたくなる季節になりましたが、この頃は「春の風」と呼ばれる台風並みの暴風が発生しやすい季節でもあります。
この時期は強風で土ぼこりや黄砂による汚れを重点的にお手入れしましょう。

1.サッシのお手入れ

サッシの表面に付着したホコリはクイックルワイパーなど室内用ホコリ取りでさっと拭き取りましょう。
もし結露によってホコリがウロコ状に固まってしまった場合は濡らした雑巾で汚れを拭き取ります。
最後は水分が残らないように乾拭きで仕上げましょう。
風が強い時期はいつもより頻繁に掃除することをオススメします。

point!

レールも忘れずに掃除しましょう。レールの隅にある汚れは割りばしなど細い棒を活用するとより簡単に取れます。

2.シャッターのお手入れ

シャッターを下ろしたら水で軽く洗い流します。
※この場合家庭用のホースリールがあると便利です。
大きいスポンジを使い、汚れをこすり洗いします。再度水で洗い流したら乾いた雑巾で水気を拭き取ります。

point!

仕上げとしてスラットの隙間に「シリコンスプレー」を吹き付けるとシャッターの開閉がもっとスムーズになります。

4月におすすめのお手入れ